読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よさパパリーマン@じっぺのブログ

昔のようによさこいにハマりたいけど子供が出張がーという日々なので細々と気になるイベント情報まとめとか。

遠征の帰り道の眠気対策、どうしてるんだろという疑問 #102

よさこい情報/活動 日々の暮らしから

九州でYOSAKOIやってると、いろんな県に出かけることになる。いや、九州に限らずか(O_o;)

感覚だけど佐賀を起点にすると鹿児島・宮崎は遠くて、熊本起点にしてもやっぱり鹿児島・宮崎は遠く、さらに大分や佐世保・平戸も遠く感じてくる。それぞれ移動に3〜5時間かかるし。

 

はるばる朝早くから出かけて(たまに前泊して交流会から参加して)、当日は一日踊って、怖いのは帰り道。おそらく多くのチームが高速道路を使った車での移動になると思うが、運転者は眠たくならないのかな。

 

なかには集団移動ということで乗り合いのバスを出してるチームもあるだろうし、そういったところは安心だろうけど。

 

一日中くたくたになるまで踊って、しかも温泉で汗を流したりした後に長距離運転はしばしばリスキー。経験談、一度メンバー3名を乗せて帰り道運転したが、高速道路走行中に居眠りして同乗者をかなり怖い目にあわせたことがあった。同乗者はアルコール飲んだため運転を交代できず、よく考えればその点すでに問題かもしれないが、途中で休み休みしながら命からがら帰ったことを覚えている。

 

ということで遠征からの帰路、事故にあわないように

 ・コーヒーやガムなどで眠気対策

 ・運転を複数人でローテーション(事前に打ち合わせしておく)

 ・中型・大型バスで移動。専任の運転手がいたらなお良い。

 ・一泊して翌日帰る。

などの対策が必要かな、と自戒の意味でも書いてみる。

 

翌日の仕事に障りのない範囲で活動するというのも、大人の趣味活動として大事なポイント。むしろ常識と言われることもある。

 

 

垂水はかなり遠いらしいですね。お疲れ様です。

さて市比野はどうやって行こうかな…