よさパパリーマンはさりげなく踊れたい

よさこい活動日記やよさこいイベント情報まとめとか。

YOSAKOIソーラン2018 九州からの参加チーム+受賞チームメモ #149

2018 YOSAKOI

https://www.yosakoi-soran.jp/

 

毎年6月上旬に北海道は札幌でYOSAKOIソーラン祭りが開催される。遠く離れた北海道の話であるが、この季節になると北海道のラベンダーと六花亭といくら丼をふと思い出す。毎年九州から参加するチームがあるので興味本位で調べてみる。2018年は長崎の佐世保から2チーム参加。ともにさせぼ祭り初期から続くベテランチーム。させぼはソーランを参考にして発展してきたらしいのでベテランチームも北海道を目指すのもうなづける。もう一つは長崎大学のチーム。確認した範囲では2016年から3年連続での参加。同じく熊本のチームも3年連続。学生を核とするチームは定期的に人数も補充されるし年間計画も立てやすいのだろう。春先に毎年恒例の遠征ということだろうか。団体ツアーとしておき、かつ仮に補助金も出ているのであればこういった活動も可能なのだろう。大分からの参加チームは女性のみのチーム。海外からの参加はロシアは近い国であり、また韓国からもチームこそ違えど数年連続で参加されている。台湾からも3年連続での参加となり、単純に興味がわく。なぜこのイベントに参加されているのか。 

                  

参加チーム(九州)  2018
(27回) 
 2017
(26回) 
 2016
(25回) 
 あっぱれ青組(長崎県佐世保市  〇    
 青嵐(長崎県佐世保市  〇    
 大分舞華軍団&おかみさん倶楽部(大分県大分市  〇    
 長崎大学よさこい部 突風(長崎県長崎市  〇  〇  〇
 肥後真狗舞~九州がっ祭~(熊本県熊本市  〇  〇  〇
 かごしま新世界(鹿児島県鹿児島市    〇  
 させぼオールスターズ(長崎県佐世保市    〇  
 JR九州櫻燕隊(福岡県福岡市博多区    〇  〇
 浦総ロクト会(沖縄県浦添市      〇
 ENTORANCE(福岡県福岡市)      〇
 美勝女隊(福岡県筑紫郡那珂川町      〇
 真和志旗頭実行委員会(沖縄県那覇市      〇

 

参加チーム(海外)  2018
(27回) 
 2017
(26回) 
 2016
(25回) 
 Another Story by 百物語(ベトナム  〇    
 原州梅芝農樂保存会(韓国)  〇    
 Southern Stars(New Zealand  〇    
 Time for Taiwan(台湾)  〇  〇  〇
 ロシア・サハリンチーム(ロシア・サハリン州  〇  〇  
 KIM YOUNG A Dance company(韓国)    〇  
 韓国チーム 無下(韓国)      〇

 

ペプシJコーラ怪物舞踏団 もエントリーされていた。YouTubeでその衣装とレクチャーが公開されていたがかなりキレている演舞が予想される。一般公募されていたが、だれか知ってる人が参加していないかな。スキル的にも高度なものが要求されるだろうが一生モノの思い出になるはずだから。曲も衣装も振りも広報も芸能人やプロのミュージシャンが参加しているようでペプシはかなり本気なのだな。

www.pepsi.co.jp

 

 ◆2018ファイナル審査結果(抜粋)

各賞  受賞チーム 
 YOSAKOIソーラン大賞  夢想漣えさし
(4年ぶり4回目)
 準YOSAKOIソーラン大賞
(札幌市長賞)
 新琴似天舞龍神 
 準YOSAKOIソーラン大賞
(札幌商工会議所会頭賞)
 平岸天神
 ◆優秀賞◆

 コカ・コーラ札幌国際大学

 北昴

 天嵩~Amata~

 CHIよREN北天魁

 REDA舞神楽 室蘭百花繚蘭

 北海道科学大学~相羅~

 粋~IKI~北海学園大学

 ☆準U-40大賞  肥後真狗舞~九州がっ祭~
 ☆敢闘賞  長崎大学よさこい部 突風

 

九州からは肥後真狗舞と突風が受賞。U-40大会は参加人数が 40 人未満のチームが対象、祭りの理念に基づき各審査員が「心動かされ 感動するような 演舞・表現であったか」を審査されるとのこと。敢闘賞は本祭一次審査4位以下のなかから、各ブロック「もう一度見たいと思ったチーム」を選出されるとのこと。だいたい五分五分くらいか、不毛だけど。2006年当時はじめてパンフレットを読んだとき、YOSAKOIソーラン大賞は2チーム(平岸天神/新琴似天舞龍神)で交代しながら受賞しているのだな~と衝撃を受けたのを覚えているが、時間が経つと当時と全然違う状況になっているのだな。おめでとうございます。

 

久し振りに嘉人恋の練習に参加させていただいた件 #153

f:id:dks2015:20180616172724j:image
現在【流転(るてん)】という曲を踊っている佐賀のチーム【嘉人恋(ガジンレン)】。全曲【燦~SUN~(さん)】を踊っていた期間このチームに所属していた。3年前か。なかなかハードな振り付けだったがその分達成感もありとても好きな曲だったが、体のケアができていない不摂生アラフォーにはなかなか堪える曲でもあった。さてそのガジンのチームメンバが今年めでたく披露宴をするということで祝舞をという話になった。新郎が別に所属しているチーム【三夜待(さんやまち)】が某曲でお祝いしようという話になったのだが、(自分もこの三夜待のメンバであるのだが、)ほぼ自分が踊ることができない曲となった。なんともやるせない気分になった自分はとりあえずガジンのリーダーに尋ねてみた。披露宴では何を踊るのか?現在ガジンに所属していない自分であるが、自分が踊れる曲であることを確認し無理にチームリーダに祝舞参加をお願いした。とりあえずOKを頂いたのでさっそく動きを思い出すため練習に参加してみる。というかあまり時間的余裕もないため。練習風景は若いメンバによる活気あふれる空間だった。そこにしれっと参加して少しづつ動きを思い出していたのだが、大体は覚えているものの細かい動きはできなかった。愕然とした。体が動かないのだ。これはあかんと思いながら家路につく。あまり筋肉痛が残っていなかったため安心して翌日仕事にでかけたのだが。さらに翌日、全身筋肉痛というカタチで表れてきた。この日も練習に行くかもしれないとガジンのチームリーダには伝えていたが、まったくその余裕はなく帰宅後は即、布団に崩れ落ちた。昨日のこと。この記録から祝舞の曲を推測されることも懸念したが恐らくその心配は杞憂に終わるだろう。まあそのときはそのときで御免。

さるく一蓮さんに振落しをしてもらった件 #152

さるく一蓮(略称)というチームがあることは知っていた。佐世保では息の長いチームが何年か前に合併してできたチーム。その前身の一蓮風雅では一度だけ旗を振ったこともある。5年以上前の話。弥栄連→一蓮風雅→さるくCity4〇3遊歩隊~一蓮風雅~ という変遷、かな。さてそのさるく一蓮さんの演舞をこれまで何回かは見てきたのだけど、黒崎YOSAKOI祭りで楽曲をよくよく聴きながら演舞観賞してみるとなんともJAZZ調の曲に合わせた軽快な振り付けで、気が付けば気に入ってしまっていた。演舞前口上でメンバー募集の話もあったので、数日考えて問い合わせ実施。振落しを受ける希望を伝え佐世保に伺おうとしたところ、急遽近くまで来ていただき教えていただくことになった。大変ありがたい話。短時間でもFacebookで情報を流されたらしく数名の参加者があった。(おかげで心が折れずに済んだ)4時間弱で通していただいたが、一回で覚えるのは至難の業。遠征までに数回合同練習を予定されているらしいのでまずは全体をなんとなく通せるところまで自主練習を行う。…行いたい。あとは突発業務が入らないことを祈る。入っても遠征には行くだろうけど。

 

f:id:dks2015:20180617015710p:plain

twitter.com