よさパパリーマンはさりげなく踊れたい

よさこい活動日記やよさこいイベント情報まとめとか書いてます。

うきはYOSAKOI祭りに参加するべき3つの理由(たぶん、見学でも楽しい) $208A

うきはYOSAKOI祭りとは

九州のよさこい祭りYOSAKOI祭りのイベントの一つである「うきはYOSAKOI祭り」は福岡県うきは市で開催されます。2018年は9月23日祝にて。

うきは市役所近隣に位置する3カ所の会場に、うきは市内外のチームが集まり演舞を披露します。ホストは地元うきはの数チームになります。

地域密着型でコンパクトに開催されるこの「うきはYOSAKOI祭り」は、昔から気にいっているよさこいイベントの一つです。 

おすすめポイントを3つにしぼって紹介します。

 

f:id:dks2015:20180917235823p:plain

 

1.地域密着型のイベントで観客との距離感が近い!!

けっして大きなイベントではないうきはYOSAKOI祭りですが、昔から観客の多さと距離の近さがとても好きなイベントです。地域密着型というべきでしょうか、年配の方から若い方までよさこいYOSAKOIの演舞を見て楽しんでいます。

踊る側としても観客側からの反応がいいので、踊っていて元気になります。パワーをもらえます。

 

また会場の一つがある筑後吉井地区では、情緒豊かな白壁の建造物や川沿いの小道が心を和ませてくれます。

モデルコース - うきうきうきは | うきは市観光体験ホームページ

 

2.給水所でフルーツが食べ放題!!

フルーツ王国とも呼ばれるうきは市では各季節ごとに色々な果物が収穫されます。8月からは梨とブドウがシーズンとなっています。給水所では水分とは別にこれらのカットされたフルーツが提供されます。

 

演舞で疲れた体を、熟れたフルーツの甘さがほどよく癒してくれます。

こんな素晴らしいサービスがあるのは数あるよさこい祭りYOSAKOI祭りのなかでもこのうきはだけではないでしょうか。

 

3.よさこいに力を入れている!!

2018年は「JR九州櫻燕隊」によるオープニングイベントが企画されています。過去には四国は高知市のチーム「ほにや」さんが来られたこともありました。

また、パレード会場では本格的な地方車(じかたしゃ)で演舞チームを先導してくれます。言わずもがな高知よさこい祭りを視野に入れたお祭りづくりをされている印象です。 

 

まとめ 

「うきはYOSAKOI祭り」は踊り手と観客の距離感も近く、踊りてが盛り上がるよさこい祭りYOSAKOI祭りです。九州圏内から有名チームが集まります。

ホストチーム:いちご隊さんは総踊り曲「日本全国・福の神」を踊られるそうで、乱入OKとのこと。うきはYOSAKOI祭りを最後まで盛り上げましょう!

 

 

よさこいフラッグリレーとはなんぞ?2020よさこいで応援プロジェクト $207A

よさこいフラッグリレーが実施されている

ここ最近では、9/15-16で開催された「平戸南風夜風人まつり」と9/9に開催された「あそYOSAKOIまつり」のオープニングにおいて よさこいフラッグリレー が実施されたとのこと。

各イベントの実行委員が下のロゴの入った旗(=よさこいフラッグ)を振っておられたらしい。

 

写真は2018年8月に開催された高知よさこいにおいて旗(=よさこいフラッグ)が振られる様子。

※下記リンク先より転載

www.atpress.ne.jp

 

よさこいフラッグリレーとはなにか?

2020年に開催される 東京オリンピックパラリンピック の開会式・閉会式をよさこいの演舞で盛り上げることを目的とした活動:2020よさこいで応援プロジェクト実行委員会 の活動の一つで、この委員会に加盟しているよさこい祭りYOSAKOIまつりにおいて、このロゴが入った旗をリレーして日本中のよさこい祭りYOSAKOIまつりをつなげ、オリンピック・パラリンピックへの意識を高めようというもの、と思われる。

 

ryomayosakoi.com

 

「2020よさこいで応援プロジェクト」の創設は2017年3月

2017年の3月23日に東京で実行委員会が設立された。設立時は30都道府県77団体で構成されている。

kaientai.world

 

東京五輪向け始動 2020よさこいで応援プロジェクト実行委員会|高知新聞

 

まとめ

2020年の東京オリンピックパラリンピックの開会式・閉会式をよさこいで飾るというプロジェクトはぜひ実現してほしい。判定がいつになるかは不明だが、このフラッグリレーも2019年までとは言わず、ロゴを変えながらでも続いていってほしいと思う。 

 

 

「平戸南風夜風人まつり」はやっぱり見に行くべきと思った3つの気づき $206A

よさこい祭りYOSAKOI祭りのイベントの一つである「平戸南風夜風人まつり(ひらどはいやふうじんまつり)~秋の陣」が長崎県平戸市で開催されます。2018年は9月15土~9月16日

規模的にはそれほど大きくありませんが、前夜祭~本祭第一部(午前中)~本祭第二部(午後)の3つのパートに、平戸市佐世保市内外のチームが集まり演舞を披露します。前夜祭・本祭ともにホストチーム「平戸風神社中」さんが進行を行います。

平戸城を望む絶好のロケーションでコンパクトに開催されるこの「平戸南風夜風人まつり」は、やっぱり見に行くべきだと思ったのでまとめました。

 

f:id:dks2015:20180818150024p:plain

 

1.平戸風神社中をはじめとした実力派チームの演舞を一つの会場で観られる


f:id:dks2015:20180916111813j:image

 

演舞会場は一か所にまとめられ、そこでチームが入れ替わり演舞を行います。午前と午後の2セット。平戸~佐世保内外のチームが集まりますが、特にホストチームの平戸風神社中さんと交流のある「宴一座~宙~(うたげいちざ~そら~)」さんが香川から来られ演舞を披露されるのは必見です。

「平戸風神社中」さんの演舞は前夜祭・本祭ともに最後の一回となりますが、平戸に伝わる「田助ハイヤ節」をベースにした曲に合わせ、鳴子とは違う鳴り物を巧みに打ち鳴らし、シンプルながらキレのある演舞は目を奪われます。

またよさこい祭りYOSAKOI祭りのイベントでは日に3回踊るのが一般的ですが、この平戸南風夜風人まつりでは2回となります。演舞間に時間的余裕があるためか、過去に踊っていた曲を衣装を変えて演舞するチームもあります。こういったところも見どころの一つです。

 

2.エンジョイタイム(第1部と第2部の間)に何が起こるか楽しみ


f:id:dks2015:20180916111827j:image

 

第1部と第2部の間に設定されているエンジョイタイムは、ある意味よさこいチームの余興的な時間となっています。チーム通常の演舞曲を踊るもよし、演舞以外の別演目を踊るもよし。当日にならないと何が演舞されるかわからないので、実はこの時間は平戸南風夜風人まつりの目玉タイムと言っても過言ではありません。

※2018年は腕相撲大会で盛り上がりました。

 

3.煌星(かなた)の「奏(かなで)」の踊り収めを見られる


f:id:dks2015:20180916112101j:image

 

これは完全に私的な好みの話になりますが、佐世保よさこいチーム「煌星(かなた)」さんは今回この平戸南風夜風人まつりにおいて演舞曲「奏(かなで)」を踊り収めとされます。この曲は2018年の高知よさこい全国大会で演舞された曲であり、チーム外からも参加者をつのりアツい夏を乗り越えた思いのこもった一曲になります。特に後半の盛り上がりは踊っている人も見ている人も楽しくなる名曲だと思います。

必見です。

 

会場とスケジュール

 ※スケジュールはFacebook公開分を転載したものです

◆スケジュール
f:id:dks2015:20180916112354j:image
◆会場

f:id:dks2015:20180916110156j:plain

※駐車場は近隣に有料駐車場があります

 

まとめ 

私的な内容も含め3つにまとめてみましたが、「平戸南風夜風人まつり~秋の陣」は運営側と踊り手との距離感も近く、観光客も訪れやすい環境となっており盛り上がりをみせています。平戸は観光地としても有名な地域であり、たまに台風の直撃を受けてしまう場合がありますが、長崎県北西端の平戸まで足を運ぶのをぜひお勧めします。