よさパパリーマン@じっぺのブログ

お父さんとしてのよさこいへのかかわり方を模索しつつイベント情報まとめとか。

よさこいを踊ることの一つの答え うきは祭りにて #143

福岡県はうきは市にて毎年9/23に開催される うきはYOSAKOI に踊り子として参加してきた。

ほどほどの天候で演舞には最適のコンディション。一日楽しめた。

 

そんななか、子供を見てくれていた義母が一人の年配の観客から聞いた話。

 

みんな激しい踊りを踊っているけど、若い人が踊れるのは当たり前。

でも若くない人が若い人と同じ振り付けを踊っていることに

私は元気づけられるのです。

 

とのこと。

 

この うきはYOSAKOI は九州のYOSAKOIイベントのなかでも随一の 観客との距離が近い イベントと認識しているが、色々な地域事情も背景としてあるのかもしれない。

 

たまに前口上で 我々の演舞で元気を与える など、上からで偉そうにと思っていたが、こういった声の存在を聞かされると、

  見ている人に何かしらを感じさせる という価値

が、やはりYOSAKOIよさこい演舞にはあるのだなと今更思うのだった。

 

そういえば新世界さんの演舞は見てて元気になるし

単純に言えばそういうことかな 。

 

 f:id:dks2015:20170924103049j:image

 

『若くない人』に、自分も含まれてんだろうなと思いながら

そんな秋の一日でした。

スーパーよさこい2017にふくこい連/結果+どまつり追記 #136

◆目次(170828追記)

f:id:dks2015:20170826011050p:plain

原宿表参道元氣祭スーパーよさこい 

とは、8月最終土日に原宿・明治神宮・表参道付近で開催されるよさこいイベント。2017年は8/26-27の開催。 

毎年高知から多数チームが参加しているようで、高知よさこい祭りとの関係が深い模様。また、明治神宮へ奉納されるというスタイルが他のイベントと格式という面で異なるように感じられる。

今年は九州は福岡の代表的なチーム・ふくこい連が参加するということで、タイムスケジュールとこれまでの九州からの参加チームを確認してみた。九州から高知・北海道・東京へ遠征するチームは参加者を募る場合が多く、今回も知人が数人参加している。普段とは違う祭りの雰囲気・参加チームを楽しんできてもらいたい(^^ 

個人的には 横浜/高知のチームAZUKI や TOKYO PHANTOM ORCHESTRA などを見たかったのと、大賞をとるのは 高知勢 か 天空しなと屋 かはたまた別のチームか結果が気になるところ。

 

ふくこい連のスケジュール

8/27(日曜日)

 11:54頃 原宿口ステージ

 13:18頃 神宮会館ステージ

 15:24頃 代々木公園ステージ

 16:24頃 NHK前ストリート

http://www.super-yosakoi.tokyo/pdf/2017_yosakoi_guide_book_v1.pdf

 

www.super-yosakoi.tokyo

 

 

これまでの参加チーム数・大賞・九州からの参加・海外からの参加

イベント自体は2001年から始まっている。主催は商店街振興組合原宿表参道欅会。参加チームの推移・九州からの参加チーム・個人的に気になるチーム・元氣賞(大賞?)受賞チームを列挙。

開始四年目あたりから参加チームは90チーム前後。高知からの参加チームは10チーム以上であり、入賞するのもほぼ高知チーム。2010年から しん(東京) というチームが参加しており2013年と2016年には大賞をとっている。今年はどうなるか気になるところ。またアフリカはガーナと東京の合同チームがかなり前から断続参加、近年はベトナムからの参加チームが連続参加しており、よさこいの国際化が進んでいる印象を受ける。

逆に九州からの参加チームは、2002年・2003年がピークで、2008年の さがさこい連 はある意味奇跡だったのか。今年のふくこい連は9年ぶりの九州からの参加となる。楽しんできてほしい、というか、見に行きたい(^^

 

2001年:22チーム(高知10) 元氣賞:十人十彩(高知) 九州→なし  

2002年:42チーム(高知10) 元氣賞:京町・新京橋ゑびすしばてん連(高知) 九州→あっぱれ青組(長崎)/SASEBO弥栄連(長崎) 

2003年:60チーム(高知12) 元氣賞:ほにや(高知) 九州→あっぱれ青組(長崎)/あっぱれ あかつき隊(長崎)/BBC元気ッス!(福岡)/琉球風車(沖縄)

2004年:90チーム(高知14)元氣賞:京町・新京橋ゑびすしばてん連(高知) 九州→なし

2005年:91チーム(高知10)元氣賞(グランプリ):十人十彩(高知) 九州→なし  興味→益田蟠竜おどり隊(島根)

2006年:98チーム(高知12)元氣賞(グランプリ):十人十彩(高知) 九州→なし  興味→show me presents MEDIA98(全国) 海外→ロッテ・ガーナよさこい

2007年:103チーム(高知14)元氣賞(グランプリ):とらっく((社)高知県トラック協会)(高知) 九州→なし 

2008年:90チーム(高知14)元氣祭大賞:とらっく((社)高知県トラック協会)(高知) 九州→さがさこい連(佐賀)  興味→SP  MEDIA98 

2009年:91チーム(高知12)元氣祭大賞:ほにや(高知) 九州→なし  海外→ベトナムよさこい連(ベトナム) 興味→AZUKI(神奈川) 初参加

2010年:98チーム(高知10)元氣祭大賞:十人十彩(高知) 九州→なし  海外→ハノイ1000年よさこい連(ベトナム) 興味→しん(東京) 初参加

2011年:91チーム(高知13)元氣祭大賞:ほにや(高知) 九州→なし 

2012年:88チーム(高知12)元氣祭大賞:ほにや(高知) 九州→なし  

2013年:96チーム(高知12)元氣祭大賞:しん(東京) 九州→なし 

2014年:98チーム(高知12)元氣祭大賞:ほにや(高知) 九州→なし  海外→ハノイ1000年よさこい連(ベトナム

2015年:100チーム(高知16)元氣祭大賞:ほにや(高知) 九州→なし  海外→仲間よさこいチーム(ベトナム) 興味→セントラルグループ踊り子隊(高知)

2016年:102チーム(高知19)元氣祭大賞:しん(東京) 九州→なし  海外→ハノイ1000年よさこい連(ベトナム

2017年:106チーム(高知17)元氣祭大賞:ほにや(高知) 九州→ふくこい連 海外→ヌイチュックさくらよさこいチーム(ベトナム)/ハヌよ(ベトナム)/YOSAKOI NARUKO ODORI "HYAKKA RYOURAN"(インドネシア

 

f:id:dks2015:20170827221241p:plain

 

 

◆参考記事

lifestyletoollog.com

 

同日程のイベント にっぽんど真ん中まつり の結果

愛知県名古屋にて同日程で開催された 第19回にっぽんど真ん中祭り(どまつり) にも、九州から数チームが参加されていた模様。

にっぽんど真ん中祭り - Wikipedia

参加チーム:肥後真狗舞~九州がっ祭~/薩摩源氏蛍/JR九州櫻燕隊

なかでもJR九州櫻燕隊はU-40大会にて大賞を獲得された様子。

f:id:dks2015:20170827235806p:plain

 2017年のどまつり大賞は 名古屋学生チーム『鯱』 とのこと。

21代目 名古屋学生チーム『鯱』

kansyachi

 

興味として海外参加チームを確認:CNMI DOMANNAKA(北マリアナ諸島サイパン島/15回)/東西大学校 トルゴレ(韓国釜山市/17回)/Time for Taiwan(台湾/5回)/愛知華人華僑国際交流会(中国/1回)

 

 

奈良でも同日程で バサラ祭り が開催されていた様子

よさこいだけではなくダンスチームも多数参加するイベントみたいです。

バサラ祭り2017 踊り隊紹介

よさこい三大まつり について #133

よさこい三大まつり について調べてみた

f:id:dks2015:20170820103807j:image

◆結論 

日本三大よさこい祭りとは

・高知のよさこい祭り

・北海道のYOSAKOIソーラン祭り

・愛知県名古屋のにっぽんど真ん中祭り もしくは 長崎県佐世保YOSAKOIさせぼ祭り 

を指すらしいです。

 

つまり高知・北海道は固定で、佐世保か名古屋が三つ目ということらしい

 

d.hatena.ne.jp

 

 

◆異説

また、みちのくYOSAKOI宮城県仙台)のWikiにおいては、三つめは みちのく or 名古屋 であるらしいが出典は不明。これは名乗った当時の祭りの規模で変化するということなんだろう。またWiki内には五大~という表現もあるが、これも出典は不明。

みちのくYOSAKOIまつり - Wikipedia

 

つまり高知・北海道は固定で、仙台か名古屋が三つ目ということらしい。

 

 

◆個人的には

ベースとなった 高知のよさこい祭り を他のイベントと同列に扱うのは違和感を感じる。派生したものだけを集めて 三大YOSAKOIまつり ならばまだ納得がいく。

もしくは スーパーよさこい のように 高知よさこい を異なる場所で という考え方のものを入れるべきかなと。

踊り子にとってはこういう細かい話はどうでもいいと思いますが。根っこには商店街の振興=商売繁盛があるので、どれだけ人が集まるかというのは実は大事なポイントかも知れませんね。

 

 

◆各祭り発端の概略 

・北海道の YOSAKOIソーラン祭り は 高知よさこい祭り に影響を受けた当時の学生が始めたもの(1992年)

・にっぽんど真ん中まつり は YOSAKOIソーラン祭りに影響を受けた学生が始めたもの(1999年)

YOSAKOIさせぼ祭り は 商店街活性化のために商工会がYOSAKOIソーラン祭りを参考にして始めたもの(1997年)

・みちのくYOSAKOI祭り は…うろ覚えであるが、学生が高知よさこい祭りに影響を受けて仙台で始めたもの(1998年)

スーパーよさこい(原宿表参道元気祭り) は 原宿の地元商店街が高知よさこいの伝統を守りつつ明治神宮奉納祭りとして始めたもの(2001年)

よさこい祭り は 不況に落ち込む商店街の振興のため昭和29年(1954年)に高知市で始まったもの

  

 

enjoyenglish.hateblo.jp

 

YOSAKOIという表記の理由

以下の三つの理由により よさこいソーランYOSAKOIソーラン と表記を改めたそうです。(第2回目の開催から)

・より国際性をもたせるため

・ルーツであるよさこい鳴子踊りとは違うよさこいをするため

・「よさこい」と「ソーラン」という二方向の文化が「YOSAKOIソーラン」となることで何か新しことを結び付けやすい容器になるのではないかという期待

 

 参考文献:

YOSAKOIソーラン祭り―街づくりNPOの経営学 (岩波アクティブ新書)

YOSAKOIソーラン祭り―街づくりNPOの経営学 (岩波アクティブ新書)