よさパパリーマン@じっぺのブログ

お父さんとしてのよさこいへのかかわり方を模索しつつイベント情報まとめとか。

ドラゴンクエストのライブ?! ~ドラクエにまつわる思い出~ #23

ドラゴンクエストだよ。

エニックスの。今はスクエニというらしいけど。今ではモンスターズとか色々派生シリーズがあるらしいね、自分はSFCドラクエVまでが記憶にあるくらいだけど。

 

そのライブがあるというニュースをみて、おお福岡でもあるのかと気になっているわけです。2015年はキャナルシティ博多でディズニーライブを見たけど、あんな感じなのかな。見ごたえある作品であればいいなと期待。

 

以下、自分の記憶にあるドラクエ関係のメモリーを書き綴ってみました。それだけです。

 

1作目は小学校1年生で

地域の上級生から借りてやってみたけど、そりゃわかるわけない。初めてファミコン買ってもらってエフワンレース→スーパーマリオドラゴンクエスト? RPGという概念がまだ確立していないころ。わけもわからず返却。

 

2作目はあきらめた。

復活の呪文「ゆうていみやおうきむこう…」とかいろいろあったね。サマルトリアの王子を仲間に入れてからのフィールドのBGMが好きだった。犬に鏡を見せて呪いを解くとか凝ってるなーと思ってた。終盤、どうしても洞窟がクリアできなくてハーゴンのところまでいけず、 泣く泣くあきらめたなー。

 

3作目は社会現象。

経緯は忘れたけど父に頼んで手に入れてもらった。当時スイミングスクールに通っていた上級生が、発売日前にフライングゲットしたと自慢していたのが記憶にある。強烈に裏の世界があるもんだと思った。笑えるけど。勇者・戦士・武道家・僧侶で始めたはず。のちに僧侶→賢者に転職。冒険の書が消えて絶望感にさいなまれる経験も。こういったことが後の人生に生きてくるのだ。

 

4作目は銀色のカセット

これも父に泣きついて、ぶつぶつ言われながら手に入れてもらった。第1章でホイミンを仲間に入れるまでにどこまでLVを上げられるかとか、トルネコでお金儲けに精を出す=レアな武器の出現を待つなど、妙なところに力を入れていたような。ラスボスのデスピサロの演出は新鮮だった。スライムの合体とか、ああいうビジュアル面での進化のスタートだったのかな。

  

5作目は家族物語

高校時代、地域のファミコンショップで発売日に抽選で購入権を手に入れ、小遣いで購入。 父→主人公→子供と3世代にわたる壮大なストーリーが良かった。ビアンカかフローラかの選択で子供の髪の色が変化するという、それでわざわざ2通りの進め方をしたという。…俺だけじゃないはずだ。

 

6作目は…飽きてたのか。

ハッサンという名前だけ記憶にある程度。買ったからクリアくらいはしたはずだけどなー。当然、その後のシリーズは全くわからず、モンスターズとかいう派生についても興味もわかなかったが。

 

あ、そうだ

アニメ「ドラゴンクエスト アベル伝説」と、ジャンプで連載されていた「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」、それにコミックガンガンの「ドラゴンクエスト ロトの紋章」は観てた。どれが公式だパラレルだなんだと自分の中で順位づけてたりして。

 

アニメ→「バラモス様!ムヒョ~!」誰だあの脇役がえらくキャラ立ってたな。あとやナックさん:キートン山田さんが良かった。ベギラマベギラゴンで撃ち合いとか涙だ。 
ダイ→アバンストラッシュのアバンさんのフルネームは、当時流行していたミニ四駆のアバンテジュニアからきたもの?未確認だけど。必殺技とか特殊技の概念はここからかな。 
ロトの紋章ドラクエと言えばロト。車輪眼はナルトの写輪眼の元ネタ?闇の王子とか呪いを克服とか3人のケンオウ(剣・拳・賢)とか設定がやたらカッコイイんだな。呪文を両手で2倍掛けするとか、ダイの方でも後で出てきたよね、メドローアとか。

 

何はともあれ

ある意味青春の1ページというか、人生に大きな影響を与えてくれたドラゴンクエストシリーズ、それもⅢがベースになっているという舞台は、きっと自分を満足させてくれるに違いない!と思うんだがどうだろう。

 

家族を説得して、鑑賞を検討するのさ!

 

hatenanews.com

 

ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー

 

matome.naver.jp